ローヤルゼリーの原料と摂り方

 原材料のポイントについて

ローヤルゼリーは「王台」と呼ばれる、女王蜂候補が

    産み付けられる、巣の中に溜め込まれていって生成されます。

     
    ローヤルゼリーの原材料には、生ローヤルゼリー、乾燥ローヤルゼリー

    そして、調整ローヤルゼリーと3種類あります。



     



 ○ ローヤルゼリーの種類

     

--------------------------------------------------------------------------------


     ☆ 生ローヤルゼリー

       王台から採取して、それをそのまま瓶詰めにしたものです。

 
     ☆ 乾燥ローヤルゼリー

       生ローヤルゼリーの成分中、水分だけを除去した粉末状の

       もので、そのまま瓶詰めにされたり、カプセルに入れられた

       ものがあります。


     ☆ 調整ローヤルゼリー

       生または乾燥ローヤルゼリーに、副原材料や添加物などを  

       使用して製品化したもので、生ローヤルゼリーの使用料が

       全重量の6分の1以上でなければならないとされています。

       液状タイプやソフトカプセル、糖衣粒タイプなどがあります。


       新鮮さで言えば生のローヤルゼリーの方が好ましいのですが、

       生のローヤルゼリーを現物をそのまま瓶に詰めた商品は

       管理が難しくて保存もききません。


       よほど、徹底した管理の下でなければ、鮮度を保つことは
       
       大変に難しく、逆に鮮度の悪い状態で売られているものも

       あるので、注意が必要です。
     


       最も多いのが乾燥ローヤルゼリーを原料としているものです。

       生産地で採取されたローヤルゼリーを即、フリーズドライ

       製法などで乾燥させ粉末にしたものです。

       採取から製品化までを、一元管理していることが前提条件に

       なりますが、これらの商品が総合的に見ると、最も信頼できる

       と言えるかも知れません。 


        
     

含有量のポイントについて

    ローヤルゼリーの商品を選ぶ時は、1日あたりの摂取目安量で、
 
    「どのくらいのローヤルゼリーが摂れるのか?」
     
     その含有量を確認することをお勧めします。

     
     例えば「1粒500mg」でもローヤルゼリー含有量が数%しかない粗悪品も

     あります。

     
     
     なお、ローヤルゼリーは大量に摂らなければ効果を発揮しない

     というものではないので、1日に500mg程度あれば十分です。


     また、ローヤルゼリーには、デセン酸という有効成分が含まれて

     います。

     デセン酸の含有率が高いものを選ぶというのもひとつの手です。


     



   ○ 安心のローヤルゼリーの見分け方


--------------------------------------------------------------------------------


     ローヤルゼリーには、生ローヤルゼリーをはじめ、カプセル・粉末

     と言ったタイプがあります。


     見分け方としてはまず

     ☆しっかりした文献があるか、    

     ☆ 生産管理のしっかりしているメーカー
     のものなら安心でしょう。 
 


    万が一、品質表示や封印(ラップ)のない商品は、いたずらや万一の

     事故の時、「どんな商品か」 「誰がいつ開封したのか」 などの、

     原因が調べにくく、色々な補償が受けられない可能性があるので

     注意しましょう。



   ○ ローヤルゼリーの摂り方の注意


--------------------------------------------------------------------------------
     生ローヤルゼリーをハチミツに混ぜて飲むと、ローヤルゼリーの

     効果を下げてしまいます。ハチミツと一緒に摂取するのは、
      
     避けた方が良いでしょう。

 


 TOP