ローヤルゼリーと蜂蜜の違い

ハチミツとの違いについて

「 ローヤルゼリーとハチミツはどう違うの?」

    と思う方もいるので、違いを説明したいと思います。

    ハチミツは、働きバチが花から集めてきた花蜜を、ミツバチの
    
    持つ酵素の力で、果糖やブドウ糖、その他に分解したものになります。

    これは花粉とともに、働きバチの食べ物になります。

     
    それに対してローヤルゼリーは、ハチミツのように
    
      
    花から集められたものではなく、羽化して1週間後の
    
    若い働きバチだけが作ることができる女王バチの特別食です。
    
    若い働きバチとは人間でいうと、17〜18歳位のいちばん
   
    元気がいい、新陳代謝も活発なころです。
    
    ミツバチが、花の蜜や花粉を食べて、ハチミツを作り出すように、
    
    若いミツバチは、ハチミツと花粉を食べて、消化吸収しつつ、
    
    ローヤルゼリーを作り出しています。
     
    そして、このローヤルゼリーを食べ続けた女王バチの一生の長さは、

    働きバチと比べ物になりません。

    働きバチの平均寿命が、約1ヶ月なのに対して、女王バチはなんと、  
    
    2年〜5年も生きてしまうそうです。

    さらに驚くことに、この女王バチは、特別な血筋で生まれて

   来るわけではなくて、最初は働きバチになる他のハチと同じように、
    
    この世に生まれてきます。

    ただ、女王バチになるために、一匹だけ幼虫に育ったころから、 
   
    つねにローヤルゼリーを与え続けているのです。

   そして女王バチは羽化し、出産を繰り返すようになってからも、
    
   毎日ローヤルゼリーだけを食べ続けるそうです。

     
    たんぱく質、糖質、脂質のほかにも各種ビタミン、ミネラル、

    アミノ酸などを、バランスよく含むローヤルゼリーは、まさに

    ミツバチの最高傑作と言えるでしょう。   


     

ローヤルゼリーは理想的な機能性食品


ローヤルゼリーは、体の機能を調整する 「機能性食品」 として

     認められています。

以前までは、健康食品と医薬品は、厳密に

     区別されていました。

  健康維持のためには健康食品を、病気を治す

     ためには医薬品を使う、というのが常識だったからです。


  しかし、近年では、現代の流行りともいえる 「生活習慣病」 というものが

     増加してからは、体を維持し、健康の源になっているのは、日常の食品である

     という考え方になってきました。


   例えば

       ・ 納豆は血液をさらさらにする

       ・ ブルーベリーは目にいい

     こんな話がTVや雑誌などで取り上げられたことがありました。

     つまり、食品の働きや作用が多く知られ、積極的に食生活に取り

     入れることによって、健康になろう。 という風潮が生まれてきたのです。

     「機能性食品」とは、そうした考え方から生まれた食品のことで、

     生きるために必要な、栄養素をおぎなうものとして知られています。

     
     しかし、この「機能性食品」として認められるには
   

      ・ 生活習慣病の予防と改善に効果がある

      ・ 免疫力を強化するなど、生体防御に作用する。

      ・ 神経を調整して、生体リズムを整える。

      ・ 老化を防止する。


      という4つの条件が必要なのですが、なんとローヤルゼリーには、

     この条件をすべてクリアしているのです。


      まさにローヤルゼリーは、理想的な「機能性食品」なのです。 



 


 TOP