どんな効能があるの


このページでは、ローヤルゼリーについて、説明したいと思います。

ローヤルゼリーとは、ミツバチが集めてきた、花粉から作られます。
働きバチが、体内で消化、分解、生成し、下咽頭線と、大あごから分泌したものが、
ローヤルゼリーになります。

ローヤルゼリーには、3大栄養素である、たんぱく質、炭水化物、脂質をはじめ、
健康に不可欠な、必須アミノ酸を含む、22種類のアミノ酸を主体に、
各種ビタミンを含んでいます。その他にも、デセン酸という、他食品には含まれていない
栄養素も含まれています。  

ローヤルゼリーには、どのような効果があるのか、調べてみました。

1 美白効果

ローヤルゼリーは、ミネラル類(7種)、アミノ酸類(14種)、必須アミノ酸(8種)、ビ

タミン類(11種)など、美容と健康に必要な栄養成分がたっぷり40種以上。美肌などアン

チエイジング効果は、世界的に知られています。

                                    詳しくはこちらへどうぞ。


2 老化防止


脳は脊髄につながりこの中の間脳に重要な組織があります。
この組織を視床下部といいます。

視床下部には、交感神経と副交感神経の2種類の自律神経の中すいがあるところから
、内臓、分泌腺、血管などの作用をっ調整統合して
前進の物質代謝をも支配する人体の総本部と言われます。

視床下部につながる脳下垂体に刺激を伝え
、体に必要なホルモンを分泌させているのですが
、この重要な視床下部の働きに、ローヤルゼリーが
大きな関係を持っていることが明らかになりました。

更年期障害、痴呆症、老化現症、ボケ、たるみ、シワ、皮膚、
自律神経系や体力の衰えはすべてこの視床下部が衰え始め、
脳内の神経伝達物質の代謝障害によって、カテコールアミンが減少しているせいなのです。

                                    詳しくはこちらへどうぞ。 

3 成人病予防


ローヤルゼリーは数多くの健康食品の中でも、一番と言っていいほどの
”成分の量”が魅力の一つなのです。

三大栄養素であるタンパク質(アミノ酸)、糖質、脂質をはじめ、
各種ビタミン、ミネラル等100種類以上をバランス良く含み
、なかでも特有成分のデセン酸はローヤルゼリーならではの
物質としてさまざまな効用が認められています。

この様なローヤルゼリーの効果はまだまだ解明できない点が多くあります。

しかし、多くの学者や研究者の間では、間脳・脳下垂体・副腎を刺激し、
それらの器官のホルモン分泌を促進させ
、生命力を引き出しているのではないかと考えられています。

                                     詳しくはこちらへどうぞ。 
  TOP