成人病予防

よく、「食べることが一番の幸せだ」という人がいます。好きな物を好きなだけ、
お腹いっぱいに食べたいという気持ちは誰にもあるでしょう。
しかし、欲求に任せて、食べたいだけ食べる生活を送っていたら、どうなってしまうでしょうか?


インスタント食品や、テイクアウトで食べたい時に、食べられる今の、日本の食生活は便利な半面、
高カロリーであったり、栄養のバランスに欠けていたり、難点もあります。

”1日30品目”というフレーズを皆さん聴いた事があると思いますが、
これは厚生省が1985年に発表した「健康づくりのための食生活指針」で、
多くの食品を食べることで生活習慣病などを予防し健康を維持することが出来る基準とされています。

簡単に言ってしまえば、色々な成分をバランスよく摂取しましょう!という事になります。
気をつかっていてもなかなか30品目を摂取するのは困難です。


今日では”健康ブーム”という言葉に多くの人々が自分の健康を意識する時代になりました。
様々な健康に良いとされる食品がドラッグストアやインターネットなどで
購入する事が出来るようになりましたが、1年前、2年前に流行った健康食品は
どこへ消えてしまったのでしょう?


一時期注目されても、10年間人気が衰えない食品は多くありません。
消費者の方も自分自身に効果がなければ、いくら世間で騒がれていても続けませんし、
そのうちTVなどで取り上げられる事もなくなっていってしまいます。


  その中でローヤルゼリーは40年も前から人々の健康を支え、
その話題は日本だけにとどまらず世界でも圧倒的多数の方に長く愛用され続けています。
多くの人々が期待した効果が得られたからではないのでしょうか

私自身も、若い頃から、「自称健康オタク」と称して、人から聞いたり、
TVや、雑誌などで、見た、様々な、健康食品をひと通り、試してみましたが、
残念ながら効果は感じられませんでした。

ローヤルゼリーも当時から知っていたのですが、「味が不味い」と聞いていたので、
これだけは試したことがありませんでした。しかし、不規則な生活を送るうちに
、体調を崩してしまい今までの生活の乱れを反省してローヤルゼリーの事を思い出して
調べた所、手軽に飲めるサプリメントのような形のものがあると知り
取り寄せて飲んでみたら、とても飲みやすくて「これなら、毎日続けられる」と
感じて現在も飲み続けています。

BACK  TOP