ローヤルゼリーの成分
ローヤルゼリーの成分


     ローヤルゼリーは、働き蜂がごくわずかに分泌する、クリーム

     状の物質です。女王蜂のエサとして与えられるため 「王乳」

     または 「女王蜂のミルク」 などと呼ばれています。


    ローヤルゼリーの特徴的な成分


--------------------------------------------------------------------------------


      ○ アミノ酸

       現在知られている、人間に必要な必須アミノ酸、

       9種類すべてが入っています。


      ○ 10ヒドロキシデン酸

       強い抗菌力、皮脂分泌調整作用の効果。

       (ニキビなど、皮脂の分泌が過剰な人や、
        皮脂の分泌が少ない人に正常に働く.。)


      ○ アセチルコリン

       自律神経の、重要な伝達物質。



      ○ パロチン

       人間の唾液腺から分泌される、成長ホルモンに

       似ていて皮膚の老化防止に効果があるそうです。


      ○ ビオプテリン

       成長促進因子



    ローヤルゼリーは栄養の宝庫


--------------------------------------------------------------------------------


    ローヤルゼリーの特徴は、たんぱく質、ミネラルの宝庫です。

    中でもたんぱく質は、特に豊富で、完全栄養食といわれている

    鶏卵に匹敵するほど、含有量を誇っています。

    
    たんぱく質は、人間の体でもっとも重要な物質です。

    細胞一つ一つを作り、髪の毛や皮膚、歯や骨などを作っています。

   
    そしてそのたんぱく質を作っているのが、アミノ酸です。

    
    人間の体は、約20種類のアミノ酸を必要としていますが、 体内で

    作れるのは約半数にすぎず、それ以外は食事で摂取しなければ

    なりません。  しかし・・・

    
    ローヤルゼリーにはこのアミノ酸がすべて含まれているんです。

    
    初めて知ったときはわたしも大変驚きました。

    人間が必要としている栄養素を、ミツバチが生産しているとは
     
    思いもよらなかったので、改めて、ローヤルゼリーの
    
    成分の多さにびっくりした次第です。


  TOP